伊丹市生活安全情報
●防犯情報
還付金等詐欺、オレオレ詐欺等の振り込め詐欺事件連続発生!
2013年03月22日( 金 )
市内にてオレオレ詐欺事件、還付金等詐欺事件が立て続けに発生しています。ご注意ください!

●「還付金等詐欺事案について」
・事案内容
(1)3月5日(火)同月6日(水)伊丹市内において、還付金等詐欺事件が連続発生しました。

犯人は、高齢者宅に市役所職員を名乗り、「保険料の還付金があります。ATMでも手続きをすれば還付金を受け取ることが出来ます」等と電話をし、伊丹市内の病院に設置されていた銀行ATM機からそれぞれ現金約50万円を振り込ませました。
阪神地区において、医療費等の還付金があるなどといって、現金をだまし取る同様の詐欺事件が連続発生しておりますので、十分ご注意ください。

(2)3月13日(水)伊丹市内で、還付金等詐欺事件が発生しました。

犯人は、女性宅に市役所職員を名乗り、「医療保険の過払い金の還付金が受け取れる」「銀行のATMで手続きをして欲しい」等と電話をし、伊丹市内のスーパーのATMから現金50万円を振り込ませました。
再度犯人から「エラーが出て手続きができません。近くの別のATMへ行ってください」等と電話があり、伊丹市内のATMから現金50万円を振り込ませました。

・防犯ポイント
○電話でATMの操作を指示されたら、それは還付金詐欺です。

○「還付金の払い戻しのため、近くのATMまで行き、電話をしてください」等という電話があっても相手が告げた電話番号に絶対に電話しないでください。

○高齢者がおられるご家族の方やお知り合いの方は、被害に遭わないように注意伝達をお願いします。

 
●「オレオレ詐欺事案について」
・事案内容
3月11日(月)伊丹市内において、オレオレ詐欺事件が発生しました。
犯人は、高齢男性宅に息子を名乗って「2,000万円を借りて投資したが返済のためお金を用意してほしい」等と電話しました。
翌3月12日(火)被害者方に息子の代理の男が訪れ、被害者は現金600万円を渡しました。
阪神地区では、同様の手口により犯人が被害者宅に現金を取りに来るオレオレ詐欺事案が発生していることや、県内でも同様の手口による事案が多発していますので、十分ご注意ください。

・防犯ポイント
○身内を名乗っても、知らない番号からの電話や「電話番号が変わった」との電話は要注意!

○「急いでお金が必要」等という電話があっても、急いでお金を用意せず、必ず家族や最寄りの警察署等に相談してください。

○高齢者がおられるご家族の方やお知り合いの方は、被害に遭わないよう注意喚起をお願いします。

○家の電話は、留守番電話に設定しておきましょう。